タイ流パイナップルの食べ方

Updated: Jan 14

先日、タイ人の友達がカットされたパイナップルを食べていました。


よく見ると、何かの粉をパイナップルにつけて食べているのです。日本でも、スイカやトマトに塩をつけて食べる人がいますよね。そんなノリかなと思って聞いてみると、塩ではありませんでした。


なんと、粉の正体はトムヤムクンヌードルの袋麺についてくるスパイスパウダーでした。


ラーメンのスープのもとみたいなものですね。

タイではこの食べ方が人気らしく、パイナップルやトマトなど、酸っぱい果物につけて食べるそうです。麺は麺で、別の方法で調理して食べるみたいです。


とりあえず、味が気になったので早速試してみました。


オススメされたのは、MAMA というタイのインスタント麺ブランドの、トムヤムクン味のヌードル。中国系のスーパーでよく見かけるパッケージで、日本の袋麺に比べるとかなり安価です。



スパイスをお皿に開けると、とてもカラフルでした。試しにパウダーだけ味見してみると、エビのような風味で深みがあり、結構美味しいです。他の料理を作るときにも使えそうです。


友達に教えてもらったように、買ってきたカットパイナップルに、パウダーをたっぷりとつけて食べてみました。



味の感想は、一言では言い表せない!というのが正直なところです。

これは実際に食べてみないとわからない味です。パイナップルの酸っぱさがパウダーによって緩和され、塩気も加わり、想像していたより食べやすいです。

めちゃめちゃ美味しいわけではないのですが、結構クセになる味です。


ハマる人にはハマると思うので、ぜひお試しください。

ボストンのビジネス英会話/家庭教師/プライベート英会話はBoston Japanese Tutors!

HP : https://www.bostonjapanesetutors.com/

Facebook : Boston Japanese Tutors

Instagram : @bjt_official

Twitter : @BJT_Boston