【英単語】名前が2つ以上ある野菜&果物

アメリカでは、食料品もAmazon FreshやInstacartで買い物ができ、もはやスーパーに行かなくても暮らせるようになりました。とても便利ですよね!

とは言え、時々スーパーに直接買いに行ってみるのも楽しいです。スーパーは英単語の宝庫!色々な食材を英語で覚えることができます。


今回は、スーパーでよく見かける食材の中でも、名前が2つ以上ある面白い野菜&果物をご紹介します。



①かぼちゃ


ハロウィンで大活躍のかぼちゃ。煮付けにしたり、スープにすると美味しいですよね。

このかぼちゃ、「Pumpkin」かと思いきや、スーパーでの表記はだいたい「Squash」。


かぼちゃには、緑色のもの、オレンジ色のもの、細長いもの、丸いもの...とたくさん種類がありますが、


アメリカでは、いわゆるかぼちゃ全体を「Squash」と呼び、

ハロウィンのジャック・オ・ランタンで使われるオレンジ色のかぼちゃを「Pumpkin」と呼びます。



②メロン


メロンは、きゅうり、スイカ、ひょうたん、ゴーヤなどと同じウリ科です。水分を多く含むので、暑さをしのぎたい夏に食べる方が多いのではないでしょうか。


メロンと聞くと、皮に網目のある緑色のメロンを想像されるかと思いますが、

アメリカのスーパーに行くと、黄色っぽいものや、皮に網目がなく、表面がツルツルしたものまで、実に様々なメロンが売られています。


そして、アメリカでは、


実がオレンジで、皮に網目のある、夕張メロンのようなメロンを「Cantaloupe」、

実が黄緑で、皮に網目があったりなかったりの、メロンを「Honeydew」と呼びます。


「Melom」=「ウリ科のフルーツの総称」なのです。



スーパーに行くと色々な発見があります!

ぜひみなさんも、色々な食材の英語表記を見てみてください。

ボストンのビジネス英会話/家庭教師/プライベート英会話はBoston Japanese Trainers!

HP : https://www.bostonjapanesetutors.com/

Facebook : Boston Japanese Tutors

Instagram : @bjt_official

Twitter : @BJT_Boston